2007年05月29日

労務管理道場 〜社長の駆け込み寺〜 9号


イ┃ン┃プ┃ル┃ー┃ブ┃6┃6┃
 ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛ 労務管理道場 〜社長の駆け込み寺〜
                                    9号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●インプルーブ66は社会保険労務士が作る、労務管理のお役立ち情報サイトです。


→ 起業支援はじめました! http://www.i66.eek.jp/index.htm


こんにちは、インプルーブ66の 中筋 宣貴 です。

このところ暑い日が続いていますが、日陰に入ると涼しい風が吹いていたりして気持ちい
い季節ですよね。

私は、梅雨入り前の貴重な初夏の陽気を楽しんでいます。

さて、今日は「起業支援」に関するテーマの中から、ビジネスプランについてお話しさせ
ていただきます。




今月のメニュー

1 ビジネスプランを作ってみましょう

2 お知らせ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】ビジネスプランを作ってみましょう


ビジネスプランとは、創業するにあたってその事業内容や展開方法を体系的に書き表した
事業計画のことです。

自分の描く事業のイメージを具体的に文字や数字で確かめることによって、自分のやりた
いことや、それが実現可能なのかを具体的に検証しましょう。



●ビジネスプランは、評価する人の立場によってポイントが違ってきます。

1.金融機関等

資金を融資するかどうかのポイントは「回収できるかどうか」に限ります。

具体的には、事業の成長性から担保資産の有無、キャッシュ・フローの見込みといった多
岐にわたる項目によって評価されます。

また、国民生活金融公庫では、創業期に限った有利な融資制度も扱っています。



2.ベンチャーキャピタル等

創業者の人間性や夢といった要素が大きくなります。

具体的には、起業家の資質そのものやビジョンです。
もちろん、その業種の市場規模や市場の成長性、ビジネスモデルの仕組みも重要です。



●ビジネスプランの作成手順

1 作成目的を明確化する

 例えば、目的が資金調達か業務提携かによって、構成が変わってくるはずです。



2 資料や根拠となるデータを収集する。

 市場調査などの分析を行って、正確な資料をつくります。



3 事業戦略の立案

 自社の経営資源や外部環境を基にして、事業戦略を立案します。



4 ビジネスモデルを検討

 どのような事業展開によって、どういう仕組みで利益を獲得していくかを
 検討します。

 いいかえれば、「利益を生む仕組み」を考えることです。


5 事業コンセプトの確立

 自社の強みと成功要因を検討して、事業コンセプトを確立します。



6 ビジネスプランの作成

 上記を基にして、いよいよビジネスプランを作成します。
 読み手に分かるように、分かりやすい表現や構成で作成しましょう。
 とくに、最初につける事業の要約文であるサマリーは重要です。
 1〜2ページの最小限の量で最大限のインパクトを与えるように
 書かなければなりません。



7 ビジネスプランの見直し

 仮説の検証を繰り返して、見直していきます。



創業をお考えの方、将来の夢と考えている方…いろいろいらっしゃることと思います。

ただ、ひとつ言えることは周到な準備が必要なことです。

例えば創業資金を準備するにはそれなりの時間が必要ですし、
あらゆる事態を想定したビジネスプランを作成することも必要です。

また、最初に作ったビジネスプランは事業の立ち上げ後も進捗状況に合わせて、
常に修正させていく必要があります。

インプルーブ66では、新規事業が立ち上がって、
軌道に乗るまでお手伝いさせていただきます。

私たちといっしょに、問題点や不安を一つずつクリアして夢を実現させましょう。



        社会保険労務士 中筋 宣貴

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【2】お知らせ



インプルーブ66では起業支援業務を開始いたしました。

他士業とも提携して、起業のワンストップサービスを目指します。

ほかにも情報満載のHPに、是非アクセスしてください。

http://www.i66.eek.jp/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行者

イ┃ン┃プ┃ル┃ー┃ブ┃6┃6┃
 ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛ http://www.i66.eek.jp/

*このメルマガは、「まぐまぐ」より発行しています。
*法令等には十分注意していますが、万一誤りなどございましたらご一報ください。
*無断で複製・転載を禁じます。

相互リンク募集しています。
HPのお問い合わせフォームから、お気軽にお問い合わせください。



posted by i66 at 22:42| Comment(11) | TrackBack(24) | 日記